富美の里 >> 上富田地区

上富田地区

歴史と自然の町・上富田

和歌山県の南西部に位置し、熊野古道「中辺路街道」の入り口に当たる上富田町。
東・北は田辺市、南・西は白浜町に隣接し、黒潮の影響により、温暖な気候に恵まれています。

水は美しく、緑も豊かです。

町の中央部を流れる富田川は豊かな恵みをもたらし、その川沿いには古くから伝統や文化が息づいています。
その富田川には国の天然記念物の大ウナギが生息しています。

観光名所としては小栗判官伝説の残る救馬渓観音や、八上王子・稲葉根王子・市ノ瀬王子といった
熊野古道の九十九王子跡があり、141段ある階段の両脇に見事なさつきを咲かせる通称さつき寺(観音寺)や、
大賀ハスで有名な田中神社・日本一の白いだるまが鎮座する興禅寺(通称だるま寺)があります。

また上富田町岡地区には、和歌山県指定文化財の「岡の獅子舞」があります。
ちなみに我が社(プラム食品)も、上富田町生馬にあります。


口熊野マラソン


救馬谷観音


1300年の歴史を持つ、和歌山県南部で最古・最大の開運・厄除の霊場です。
家内安全・厄除・交通安全・合格・安産などあらゆる祈願(願かけ)のお寺です。

「小栗判官」にまつわる伝説があり、梅雨時には「あじさい曼荼羅園」が開催され、
園内面積約2000坪に約95種・約1万株のあじさいが咲きほこります。

敷地内にある見晴らしの良い高台から投げる、「かわらけ投げ」はとてもスッキリしますよ。

救馬渓観音HP
http://www.sukuma.or.jp/

救馬谷観音




だるま寺

興禅寺には、上富田町指定文化財の聖観世音菩薩立像のほか
一般に「興禅寺文書」と呼ばれる古文書類が百点ほどもあり、和歌山県の古刹として知られています。

近西国観音霊場の第十五番札所として登録されています。

回遊式の庭園は四季折々の花を咲かせ、多くの参拝客の目を楽しませています。
このほか、昭和48年に建立された白いだるま座像があり、
興禅寺は通称「だるま寺」として町のシンボル的存在となっています。全国達磨会に所属している寺院です。

興禅寺(だるま寺)HP
http://www.darumadera.net/


だるま寺




さつき寺

浄土宗鎮西派に属する寺院で、本尊は十一面観音菩薩座像です。
観音寺の寺伝によれば元亀・天正年間(1570年~1592年)とされていますが、おそらく再興したものと思われます。

浄土宗以前は禅宗と伝えられています。141段を数える参道石段の両側と境内一面に植えられたさつきは
樹齢140数年ともいわれ、5月下旬~6月初旬が開花期です。

美しいさつきが見事なことから、別名「さつき寺」で知られています。


さつき寺