富美の里は和歌山県の特産品を扱いプラム食品株式会社が運営しています。和歌山・熊野の文化と梅酒などの特産品が盛り沢山!

富美の里 富美の里
新発売!紀州熊野蒸溜所発 クラフトジン

紀州熊野蒸溜所

1969年創立のプラム食品株式会社は、飲料水を主事業として50年の節目を迎え、 2069年の100年企業を目指し、2019年5月に「紀州熊野蒸溜所」を開設致しました。
クラフトジンには、紀州熊野地方のボタニカルを含み、ウイスキーには紀伊山地の清冽な伏流水を使用しております。
紀州熊野地方は神聖な「神宿る地」、その神々しい自然の息吹をお楽しみください。
蒸溜所エンブレムは、神の使いである3本足の八咫烏と致しました。

紀州熊野蒸溜所
プラム食品全景


JAPANESE CRAFT GIN 熊野(熊野 ジン)

ジンを幅広い世代に楽しんで頂く事をコンセプトに、和歌山県産の南高梅をはじめ、19種類のボタニカルで仕込んだ、濃厚・芳醇・華やかな香りが特徴の和歌山県産クラフトジンです。

熊野GIN

SAKAKI GIN(榊GIN)シリーズ

榊は、「神の世界」と「人の世界」の境に立つ木。
熊野の神々を私たちを結ぶものとしてジンの名前に用いた「榊」シリーズ

榊GINシリーズ

クラフトジンとは

ジンと言うお酒には、ジュニパー・ベリー(セイヨウネズの実)が必要不可欠なボタニカルであり、アルコール分が37.5%以上の明確な定義はありません。

クラフトとは、こちらも明確な定義はありませんが、一般的に造り手の「こだわり」や「想い」が込められた製品の事を指す場合が多いです。

ジュニパーベリー
ジュニパーベリー

北半球で育つ針葉樹の実。
ジンを作るのに欠かせないものです。

最初の蒸留酒は、11世紀にイタリアの僧侶によってジュニパーベリーから作られたと言われています。


クラフトジンとは、造り手の想いが込められたジン

紀州熊野蒸溜所でつくるクラフトジン
和歌山県ならではの南高梅や温州ミカン、山椒、真妻わさびなどのボタニカルを使い、自然豊かな和歌山県の果実の風味とスパイシーな後味のジンに仕上げました。

紀州熊野は、熊野信仰における神聖な「神宿る地」であり、自然に恵まれた地域。
熊野への感謝と想いを詰め込んだクラフトジンをどうぞお楽しみください。

紀州南高梅
紀州南高梅
温州みかん
温州みかん

ぶどう山椒
ぶどう山椒
真妻わさび
真妻わさび

会員様入り口

新規会員入り口

梅酒・梅ワイン
熊野蒸溜所
梅ドリンク
その他ドリンク
梅製品
贈答品・セット
特産品
地域のお知らせ
ご案内
ページのトップへ戻る
トップページへ